核酸オフィス東京

今、注目の「植物由来のRNA核酸配合スムージー」 RNA核酸(mRNA核酸)は、2023年ノーベル賞「生理学・医学賞」を受賞しました。 日本の長年の研究で開発した「植物由来の核酸」を配合したスムージーは世界にココだけ。

INDEX


♾植物由来のRNA核酸♾

2023年ノーベル賞「生理学・医学賞」を受賞


今「核酸」は、第7栄養素として注目され、様々な優れた作用があることが実証されており、一部の国では既に医薬品として認可され、幅広く利用されています。
RNA核酸「mRNA核酸」はコロナワクチンとして貢献し、2023年ノーベル賞「生理学・医学賞」を受賞しました。

世界で初めてお米から作ったRNA核酸


実は、わが国において、長年の研究により、世界で初めてお米から作ったRNA核酸があります。
それが「玄米核酸」「白米核酸」の植物由来の核酸です。

「植物由来RNA核酸」は発酵食品でもあり、多種ある菌から培養実験を繰り返し、核酸の生成能力にすぐれた麹菌を選び出し、世界で初めて玄米核酸の生産に成功しました。

通常の食事では、魚類や貝類、肉類ではレバーに含まれていますが、多く食べると生活習慣病になるため食事に気をつけている方は殆ど不足しています。

玄米核酸・白米核酸は、お米から核酸を抽出しているわけでなく、お米を原料に特殊麹菌を培養して製造されます。
(通常の食事からお米を食べても核酸は殆ど摂取できません)

これまでサプリメントや健康食品で流通している「核酸」の多くが、魚の白子などから摂取した動物由来の核酸です。

古代から日本人が食してきたお米を原料に作られている植物由来核酸には、摂取制限や副作用はなく、小さなお子様から高齢者まで、安心して摂取していただけます。

RNA核酸の役割に着目!

RNA核酸の役割に着目!


世界初となるお米から作った核酸は
・体内への吸収率が非常に高いこと
・RNAが豊富で傷ついた細胞の修復力が非常に高い
と言う特徴があります。

「核酸」とは、身体にある60兆個という細胞の核内にある
DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)

DNAは、遺伝情報を伝え
RNAは、その情報を基に、様々な細胞を作ります。

これまで流通している核酸は、動物由来の核酸。

それ以上に、植物由来の核酸は
RNA核酸に富んでいます。
また、古来から食してきたお米から作っているので摂取制限がありません。

DNAを活性させても
RNAが弱っていると、傷付いた細胞が修復されず異常遺伝子のまま作られてしまいます。

これまでにある抗酸化作用は「作り出した細胞を修復」するもので、

今、世界の医薬で注目され研究されている核酸は、

細胞が作り出される前段階のRNAに作用して
「異常遺伝子を正常に修復してから、新しい細胞を作り出す」と言うものです。
(原則として、従来の医薬品は、作り出す前のRNAには作用していない)

この「核酸医薬」の原理から、RNAが豊富なお米から作った植物核酸には、優れた遺伝子修復力があります。

動物由来核酸との大きな違い


麹菌から作った植物由来の核酸は、RNA核酸が豊富で、また、分子の質が細かく、水に溶けやすく、大変身体に吸収されやすいという特長があります。
(動物由来核酸は分子の質が大きく、水に溶けにくく、吸収率が植物由来核酸に比べ低い)

さらに、「玄米核酸」「白米核酸」をバランス良く調合することで、より身体への吸収力を高め、他の栄養成分を多く身体に取り込む事が出来る利点があります。

*玄米核酸・白米核酸を調合した製品を取り扱っているのは弊社のみです
(「RNA核酸プレミアム」では「玄米核酸・白米核酸・大豆ペプチド核酸」を調合し最も含有量が豊富な製品です)

1
2024.07.18 Thursday