「玄米核酸」第7栄養素として世界で注目

わが国の長年の研究で、世界で初めて「植物由来の核酸」を開発しました。それが「玄米核酸」です。

一覧

開発者

■現役スポーツトレーナー(運動心理生理学博士)開発


現役スポーツトレーナーである保科博士は、自身の生徒たち(主にプロアスリート・プロを目指す成長期の子供や高齢者など)の食事サポート・栄養補助を目的に、世界に一つしかない健康食品(粉末)を開発しました。(2021年)

 この製品には、玄米核酸に、長年人気の美容・健康・ダイエット成分が加わっています。

 キッズから高齢者までの身体作り・美容健康サポートとして、オールインワン健康食品「玄米核酸クレンズ」が一般発売となりました。 (2022年5月)

 
【開発者プロフィール】

スポーツトレーナー(運動心理生理学 博士)

(主な顧問先は、プロアスリート/プロを目指す中高生・各部活動/整形外科・クリニックなど)

 

●出身地:東京都出身

●言語:日本語・英語・スペイン語・ロシア語・ウクライナ語

 

アメリカの大学卒業後、アメリカ・日本の運動・健康ドクターとして活動。
長期に渡り、主にプロアスリートおよびプロを目指す中高生を指導している。

 

【学歴】

1986年 ビンセント大学 航空学部卒業

2000年 クレイトン大学 運動心理生理学 博士号取得 

 

【資格】

■1987年 国際救命救急協会

     C・P・R(心肺蘇生法)インストラクター 取得

■1987年 国際救命救急協会

     E・C(救急法)インストラクター 取得

■1988年 アメリカスポーツ医学会 ACSM

     ヘルスフィットネスインストラクター 取得

■1988年 厚生省認定健康運動指導士 取得

 

【略歴】

■中学、高校時代より野球、ボクシング等のスポーツで活躍。

■大学在学中より、各種スポーツ選手の筋力トレーニング、コンディショニ

ング指導、及びフィットネスクラブに於いて中高齢者中心のダイエット指導にあたる。

■帰国後、スポーツクラブマネージャーを経てフィットネスアドバイザーとして行政・民間企業数社にアドバイザーとして迎えられ、スポーツ施設の運営管理/企画/指導者の養成トレーニング指導を行う。

■スポーツ選手の競技力/体力向上の指導のみならず、生活習慣病予防の運動療法指導等、フィットネスに関する講習会やイベントの講師、及びデモンストレーターとして活躍中。

また、国際救命救急協会のインストラクターとして救急法や心肺蘇生法を全国各地で実施している。 

 

【主な指導内容】

■スポーツ選手の筋力トレーニング、メンタルトレーニング指導

■国体強化指定選手の基礎トレーニング、コンディショニング、メンタルトレーニング指導

■ジュニア競技選手のトレーニング、コンディショニング、メンタルトレーニング指導

■生活習慣病予防のトレーニング指導

■食事、栄養、睡眠指導

■健康ウォーキング指導

 

 【指導種目】

サッカー、野球、パスケットボール、陸上競技、テニス、自転車、ボクシング、レスリング、水泳、バレーボール、バドミントン、山岳競技、アーチェリー、漕艇、トライアスロン、カヌー、ラグビー、空手、他 

 

【著書】

■「ノンウェイトトレーニング」ぎょうせい出版社

■「ノンウェイトトレーニング」ビデオ

■「いきいき健康づくり」

■「腰痛予防のトレーニング」

■「10分でできる健康体操」DVD

■「ニューヨークからの贈り物」

1
2022.07.06 Wednesday