「玄米核酸」第7栄養素として世界で注目

わが国の長年の研究で、世界で初めて「植物由来の核酸」を開発しました。それが「玄米核酸」です。

一覧

玄米核酸について

世界初!植物由来の核酸


今、「核酸」は、第7栄養素として注目されています。
 
様々な優れた作用があることが実証されており、一部の国では既に医薬品として認可され、幅広く利用されています。
 
しかし「玄米核酸」って初めて耳にする人が、殆どなのではないでしょうか?!
 
実は・・・
 
玄米核酸は、わが国において、長年の研究により、世界で初めて実現した「植物由来」の「核酸」です。
 
これまで流通している核酸サプリメントは、「サケの白子」から摂取した動物由来の核酸です。
日本人が古来から食してきた「玄米」から摂取した核酸。
 
それでは、「玄米核酸」にどんな特徴があるのでしょう?

①核酸は「DNA/RNA」細胞の中の遺伝子情報の「核」を構成している


私達の身体は約 60 兆個の細胞で出来ていると言われています。

その一つの細胞の中には核があり、その中に遺伝子情報等が入っています。
その核を構成しているのが核酸なのです。

動物・植物の全ての細胞の核の中には

 →DNA(デオキシリボ核酸)
 リボース・リン酸・塩基(アデニン・グアニン・シトシン・チミン)

 新しい細胞を作るとき、どのような細胞を作るかの設計図の役割を担っている。

→RNA(リボ核酸)

 リボース・リン酸・塩基(アデニン・グアニン・シトシン・ウラシル)
 DNA の設計図に基づいて、アミノ酸を材料に新しい細胞を作る役割を担っている。

「DNA /RNA」という遺伝子情報が存在し、これを構成しているのが即ち「核酸」です。

②新陳代謝と再合成(核酸が不足すると老化に!)


身体は常に新陳代謝を繰り返しています。
約3~4ヶ月程で、全身の細胞の殆どが生まれ変わる(再合成される)と言われています。
 
新陳代謝の過程では、核酸が多く消費されます。
 
20歳位までは体内で充分な量が作成されますが、それ以降は体内で合成する能力がどんどん衰えてしまいます。

その為、細胞の再合成のスピードが遅くなり、老化が進むと言われています。
特に50歳以上はそれが顕著に表れます。
 
従って、日々の健康づくりにおいて、
核酸を毎日少しずつ補給していくことが非常に大切な要素となります。

③免疫力(様々な病気に有効!癌細胞の細胞死作用も確認される)


 ストレスや睡眠不足、運動不足等で免疫力が低下すると、風邪や様々な感染症にかかりやすくなります。

免疫力には個人差があり、生活習慣や体質によっても影響を受けます。

この免疫力の差は健康状態の差に直結し、それは即ち寿命の差になると言っても良いでしょう。

核酸には免疫力を高めてくれる効果が期待でき、様々な病気にも有効だと言われています。

また、がん細胞に対してアポトーシス(細胞死)作用も確認されています。

④遺伝子修復力 (核酸は細胞修復に大切な材料)


ストレスをはじめ、様々な要因により細胞は常に傷つきやすい状態にあります。
傷ついた細胞がそのままだと、誤ったタンパク質が作られ、身体の不調や内臓などの病気発症に繋がってしまいます。
核酸は、この傷ついた細胞(=遺伝子)を修復するための大切な材料になります。

⑤抗酸化力 (活性酸素の除去に核酸が有効)


酸素は私たちが生きていく上で必要不可欠な物質です。
しかし、体内に取り入れられた酸素の約2%は活性酸素となり、老化や病気を引き起こす原因になると言われています。
この活性酸素を除去するためには、核酸は大変有効なのです。

⑥玄米核酸はRNAが豊富で細胞修復力が非常に高い


世界初となる玄米から摂取した玄米核酸は
・体内への吸収率が非常に高いこと
・RNAが豊富で傷ついた細胞の修復力が大変高い
と言う特徴があります。

⑦核酸は何から摂取出来る?1日の必要量は?


魚ではサケ白子、肉ではレバー、野菜では干し椎茸、その他では豆類に多く含まれています。

 

食事で摂取する核酸の必要量は

1日 1.5g(1,500mg)程度

(DNA・RNA それぞれ 750mg)

 

とバランスよく摂取するのが理想ですが・・・

実際には、食事で充分な量を摂取出来ていない人が多いようです。

そこで、健康食品からも、毎日少しずつ確実に摂取していく事が、日々の健康づくりには非常に重要ですね。

 

*玄米核酸は、日本人が古来から食してきたお米から摂取された食物由来の核酸ですから、摂り過ぎなどの心配もありません。

 

玄米核酸は、国内の一部の農家からとれる成分で、特殊製造(特許取得)のため一般的に製造することはできません)

玄米核酸クレンズについて

■玄米核酸クレンズ(核酸×フルーツ青汁・乳酸菌・酵素)


現役スポーツトレーナー(運動心理生理学博士)の保科博士が
アスリートをはじめ成長期の子供から高齢者まで、毎日の栄養・食事のサポートを目的に開発した
世界に一つしかない健康ドリンク・健康食品です。
 
また、玄米核酸クレンズには「核酸」だけでなく
長年愛されている美容・健康・ダイエット成分が加わっています。
 
●玄米核酸
●大麦若葉
●乳酸菌
●食物繊維
●クエン酸
●アミノ酸
●抗酸化物質
●酵素
(82種の野菜/果物/穀物/大豆/海藻など)
など
 
毎日、玄米核酸クレンズ(粉末)をドリンクや調味料として摂取することで健康な身体・元気な生活が期待できます。

■1日の食事を徹底サポート(1杯3g)


サンカフェTOPmoto.jpg toptop - ivy.jpg toptop - ivywater2.jpg

 

【商品内容】

●粉末180g(1杯当たり3g)

●60杯分(約1〜2ヶ月分を目安)

●1杯あたり12kcal(およそ)

 

【お召し上がり方】

●スムージー

・玄米核酸 3g(本品に付属しているスプーン7分目)

・150〜200ml

 

●ウォーター

・玄米核酸 3g(本品に付属しているスプーン7分目)

・400〜500ml

 
よく混ぜてお召し上がりください。(シェーカーを使うと一層美味しくなります)

1日2杯(朝夕)を推奨しています。(キッズの場合1日1杯)

 

【アレンジいろいろ】

牛乳・豆乳・ジュース・焼酎など混ぜても美味しくお召し上がりいただけます。

また、料理(調味料)などにも、お楽しみ頂いています。

*玄米核酸の摂取制限はありません

■主な成分など


【主な成分】
●玄米核酸
●食物繊維
●大麦若葉
●乳酸菌
●クエン酸
●抗酸化物質
●アミノ酸
●酵素
(82種の野菜・果物・穀物・大豆・海藻等など)
など
 
【プロアスリートも注目!成長期のお子様から高齢者まで】
●毎日の食事・栄養サポート
●美容・健康・運動サポート
●体力づくり・疲労回復
●代謝改善・ダイエット
●エイジングケア・老化防止
などなど

■1日の食事栄養を徹底サポート!


●第7栄養素として注目の核酸

 わが国で初めて植物由来の核酸を実現!
 これまで流通しているものはサケの白子から摂取した動物由来
 
●現役スポーツドクター(運動心理生理学博士)開発
 プロアスリートが体感!
 減量・身体作り・体力作り・集中力。成長期の子供にも◎
 
●オールインワン健康食品
 食事栄養はバランスが大事!
 核酸だけじゃない!人気の美容健康成分が加わる!
 
●満腹感!ダイエットにも最適
 ダイエットに欠かせないサイリウムハスク(食物繊維)が豊富。
 お腹が満たされ減量に!
 
●味に自信!さっぱりしたフルーツ風味
 楽しみ方、アレンジ色々!
 牛乳・ジュース・焼酎、料理・調味料にも◎
 
●こだわりの国産!無農薬で安心!摂取制限なし!
 日本人が古来から食してきたお米から摂取、植物由来の食品なので取り過ぎても問題なし!
 また、玄米核酸は、国内の一部の農家からとれる成分で、特殊製造(特許取得)のため一般的に製造することはできません。

■筋肉減らさず脂肪減らす


栄養バランス◎なのに
1杯たったの12kcal(およそ)
 
トップアスリートからも注目される玄米核酸。
 
玄米核酸を摂取することによって過酸化脂質摂取の弊害を軽減し、
特に筋組織に対しては筋タンパク質の合成促進が期待でき、血中脂質代謝の改善や糖代謝の改善。
 
さらに
筋肉量の維持・増強効果、筋肉障害抑制効果と併せて、ダイエットにも有効。
 
つまり
「筋肉量を減らさず脂肪量を減らす」
に着目したのが玄米核酸クレンズの特徴。
 
肥満となる主な要素
⚫︎高カロリー食による体脂肪の増加
⚫︎偏食による食事バランスの偏り
⚫︎運動不足による基礎代謝の低下
 
「玄米核酸クレンズ」には、長年、美容・健康に愛されている成分に
玄米核酸を配合させることで、より効果的なダイエットを目指します。
 
毎日の食事サポート・栄養補助・体力作りに加えて
 
●運動が苦手
●身体を動かす時間がない
●食べ過ぎ傾向にある
●最近痩せにくい
●加齢による老化
 
こういった方もサポート。

まさに、オールインワン健康食品です。

無農薬で摂取制限なし。
ドリンクだけでなく、料理などにもアレンジしてお召し上がりいただけます。
 
開発者

■現役スポーツトレーナー(運動心理生理学博士)開発


現役スポーツトレーナーである保科博士は、自身の生徒たち(主にプロアスリート・プロを目指す成長期の子供や高齢者など)の食事サポート・栄養補助を目的に、世界に一つしかない健康食品(粉末)を開発しました。(2021年)

 この製品には、玄米核酸に、長年人気の美容・健康・ダイエット成分が加わっています。

 キッズから高齢者までの身体作り・美容健康サポートとして、オールインワン健康食品「玄米核酸クレンズ」が一般発売となりました。 (2022年5月)

 
【開発者プロフィール】

スポーツトレーナー(運動心理生理学 博士)

(主な顧問先は、プロアスリート/プロを目指す中高生・各部活動/整形外科・クリニックなど)

 

●出身地:東京都出身

●言語:日本語・英語・スペイン語・ロシア語・ウクライナ語

 

アメリカの大学卒業後、アメリカ・日本の運動・健康ドクターとして活動。
長期に渡り、主にプロアスリートおよびプロを目指す中高生を指導している。

 

【学歴】

1986年 ビンセント大学 航空学部卒業

2000年 クレイトン大学 運動心理生理学 博士号取得 

 

【資格】

■1987年 国際救命救急協会

     C・P・R(心肺蘇生法)インストラクター 取得

■1987年 国際救命救急協会

     E・C(救急法)インストラクター 取得

■1988年 アメリカスポーツ医学会 ACSM

     ヘルスフィットネスインストラクター 取得

■1988年 厚生省認定健康運動指導士 取得

 

【略歴】

■中学、高校時代より野球、ボクシング等のスポーツで活躍。

■大学在学中より、各種スポーツ選手の筋力トレーニング、コンディショニ

ング指導、及びフィットネスクラブに於いて中高齢者中心のダイエット指導にあたる。

■帰国後、スポーツクラブマネージャーを経てフィットネスアドバイザーとして行政・民間企業数社にアドバイザーとして迎えられ、スポーツ施設の運営管理/企画/指導者の養成トレーニング指導を行う。

■スポーツ選手の競技力/体力向上の指導のみならず、生活習慣病予防の運動療法指導等、フィットネスに関する講習会やイベントの講師、及びデモンストレーターとして活躍中。

また、国際救命救急協会のインストラクターとして救急法や心肺蘇生法を全国各地で実施している。 

 

【主な指導内容】

■スポーツ選手の筋力トレーニング、メンタルトレーニング指導

■国体強化指定選手の基礎トレーニング、コンディショニング、メンタルトレーニング指導

■ジュニア競技選手のトレーニング、コンディショニング、メンタルトレーニング指導

■生活習慣病予防のトレーニング指導

■食事、栄養、睡眠指導

■健康ウォーキング指導

 

 【指導種目】

サッカー、野球、パスケットボール、陸上競技、テニス、自転車、ボクシング、レスリング、水泳、バレーボール、バドミントン、山岳競技、アーチェリー、漕艇、トライアスロン、カヌー、ラグビー、空手、他 

 

【著書】

■「ノンウェイトトレーニング」ぎょうせい出版社

■「ノンウェイトトレーニング」ビデオ

■「いきいき健康づくり」

■「腰痛予防のトレーニング」

■「10分でできる健康体操」DVD

■「ニューヨークからの贈り物」

1
2022.07.06 Wednesday